「ゆきんこが遠い国から」




ゆきんこが

遠い国から

かわいた町に

夢を与えにおりてくる

ほんのつかのまの夢だけど


ゆきんこが

遠い国から

かわいた心に

うるおいを与えにおりてくる

ほんの一粒の涙になって


ゆきんこ ゆきんこ

お前の灯(とも)した白いあかりの下で

こよいは

美しい町に

やさしい人々が

遠い国を夢見て

まどろんでいる


12/9



詩集の目次にもどる

表紙にもどる